アンチエイジングに効果的なダイエット法とは?
アンチエイジングもしつつダイエットを成功させるためにはどうすればいいのか。


ダイエットを成功させる鍵は酵素にあり

何度も何度もダイエットを繰り返しているとなかなか痩せなくなってしまう…
という事実は、ほとんどのダイエット経験者が痛感している事ですよね。

これは、酵素云々以前の体の防衛本能と言って、私達の体を守る為に体そのものがとってしまう機能なのです。

では、ダイエットを成功させるためにはどうすればいいのか。

私達の体を守るための生きている栄養素、最後に見つかったとても大事な栄養素、酵素(エンザイム)の力を借りるのが一番なのです。

酵素について

酵素には、大きく分類すると三種類のものがあります。
代謝酵素・消化酵素・食物酵素、の三種類です。
その名称から分るように、食べたものを消化してくれるのが消化酵素です。
しかし、私達の体の中の酵素というものは無限にあるわけではありません。
ですから、たくさん食べると消化酵素にばかり行ってしまって代謝の方にまわる酵素、代謝酵素が足りなくなってしまうのです。
代謝酵素をいうのは、体の中であらゆる働きをしてくれています。
瞬きをしたり指を動かしたりものを考えたり…といった全ての機能で働く大事な酵素です。もちろん、脂肪の燃焼にも大活躍です。
ちなみに、脂肪燃焼で働く酵素はリパーゼと言います。

・酵素たっぷりの身体になる為に

1.水を一日2リットル
質の良い水を一日に2リットル程飲みましょう。
酵素が充分に働く環境とは、充分な水分と適度な体温が必要なのです。
2.酵素を多く含む食品

消化酵素・代謝酵素・食物酵素。
この中で、唯一体外にあって外から体内に摂り入れることができるのが“食物酵素”です。これは生の食物にしか存在していません。

野菜や果物、生のお肉や魚に含まれているのが食物酵素です。
通常私達が何かを食べると必ず消化酵素を必要とします。
ですが、こうした生の食物はそれ自体に酵素が含まれている為に、食物自身が自分を消化する酵素を含んでいるので、私達は消化酵素を出す必要がなくて大事な酵素を消費しなくて済む訳なのです。
大事な酵素が、消化酵素にはならずに代謝酵素として働いてくれるので、ダイエットに成功することが出来るのです。
洋食のコース料理等で、野菜サラダを食事の最初に食べるのは、こういう根拠があっての事なのです。

3.発酵食品を多く採ること

私達の体の中以外で存在している酵素には、生の食品に含まれている食物酵素があります。その食物酵素は高温にとても弱く、48℃で死滅してしまいます。

そこで、生で食べて食物酵素を生きたまま摂り入れようという食事法が有ります。
アメリカでも近年とても流行っており、ローフードダイエット・リビングフードダイエットと言います。
しかし、生のものばかりを食べ続けることは至難の業です。
冬には体が冷え切ってしまいます。

しかし、我々日本人にはとてもいいものがあるのです。
日本が誇る発酵食品が本当は体に一番いいんです。発酵食品を摂ることで、腸が健康になって酵素をたっぷり生み出してくれるわけなのです。
痩せたい人は発酵食品をたっぷり摂って腸を健康にする…というのが遠そうでいて本当はダイエットの近道なのです。

4.酵素を生み出す発酵食品

では、どんな発酵食品があるのか、はたまたどんな風に調理して食べたら効果的なのか。
日本人が昔から馴染んでいる発酵食品といえばお漬物や納豆、味噌やお醤油です。
また酢も効果的で、最近では飲みやすいサプリメントやフルーツ酢なども出ています。
それらを使った日本食は、健康な食事法であることがよくわかります。

発酵食品をたくさん摂って腸が健康になると、体中のバランスがとてもよくなります。
まず、お腹周りからすっきりして、腸が健康なので血液の循環も良くなり、美肌になります。無駄なものを排出する機能も充分に働くようになりますから、太めな人は細くなり痩せすぎの方はちょうどいい肉付きになっていきます。
正に、理想的な状態になっていくわけです。

おすすめリンク